*ランドリーまわり*

 

4人家族・Aさん

「ランドリー周りがとにかくストレスで」・・・とお話しくださったAさん。

視界から入ってくる色・収納グッズの形に「統一感」を合わせることで、ストレスフリーに。

 

コメント:

「ただ片付けるだけじゃなく、継続しやすい状態にする事が大切なんですね!」

「他の場所の片付けも要・不要を考えてするようになりました。」


整理収納が完了した数日後、

Aさんから「ランドリー周りがキレイで使いやすくなったから、インテリアを楽しみたい!」と

メッセージをいただきました。

そこでフェイクグリーンと吊り下げられる麻の袋をチョイス。

おしゃれな空間がすぐできるアイテムとして、フェイクグリーンは取り入れやすいですね。

麻の袋には入浴剤と洗濯バサミをinしました。

 


*こども机まわり*

4人家族:Kちゃん

「自分の机とその周りをキレイにしたい」と小学生4年生からのご依頼でした。

お片付けをすると起こるコト・そして片付けの流れをお話してから作業を始めました。

学校で使うもの・習い事で使うものなど「カテゴリー別」に分類し、またその中から

「今使っているもの」と「今使ってないもの」をどんどん分けていくスピードが早く、

びっくりしました。

 


傍らで見てくださったお母様。

「お任せしていたので、私も娘もイライラすることなく作業ができました。

仕分けの仕方が自分でするのとはやり方が違うんですね。またお願いしたいです。」

Kちゃんからは

「楽しかったのでまた頼みたいです」とのコメントをいただきました。


4人家族・Mさん。

 

「いつも散らかっている・・・」と夕方になると疲れからか、イライラし、

こどもに注意することが多かったというNさん。

広いリビングは家族が集まる場所そして、それぞれが「落ち着ける場所」を作ることを提案。

 

コメント:自分たちの場所が出来たことで、こどもたちはじっくりといろんなことに取り組む時間が増えました。よく本を読み、絵を描くことが増えました。

自分から進んで学校の準備をしたり片付けもやるようになってびっくりです。

 


*リビング*


広いリビングを片付けたい!と思ったというMさん。

今回お子さんが来年小学校に入学するというきっかけでお願いしようと決めたとのこと。

 

コメント:

「相談することは少々勇気が入りましたが、とても良い結果になりました。

凄く理にかなった物の配置で、こうすればよかったのかと目からウロコ。

初めて片付けって楽しいと思えました(笑)以前の写真を見ると、もうあそこには戻りたくないと家族一同思っております。子どもが小さい時にこそ、母にとってはありがたいサービスだと思います。」